女の人

妊娠しにくい体質を改善できる不妊治療|体質に合わせて治療を選ぶ

栄養バランスを考える

乳児と婦人

食べられるものだけ

妊娠は女性の体型を変化させるだけではなく、初期はつわりによって日常生活に支障をきたしてしまいます。また個人差も大きく、軽い方がいれば入院が必要なほど症状が重い方もいます。さらに、食べ物の好みが変わったり、食べ物をとると嘔吐してしまう・食べ続けないとかえって気持ち悪いなど、つわりもさまざまです。一昔前までは妊娠すると、胎児の分までたくさん食べるように言われましたが、今ではつわりの時期は食べられるものを食べられる分だけ少しずつ摂取し、無理をしないようにすることが重要になっています。つわりが過ぎると食欲が増してきて、胎児も大きくなることで食事量が増えますので安心してください。また、栄養バランスに自信が持てない方は、産婦人科に相談してどのような食事メニューを摂ればいいのか聞いてみるといいでしょう。

体重の増減に気を付ける

安定期になると妊婦の食欲も戻り普通の食事がとれるようになります。妊婦健診では毎回体重をはかりますが、これは過度の体重増や体重減を確認し、胎児の健康状態を確認するためです。妊婦の体重が増えすぎると難産になりやすく危険が伴います。近年では出産前後の体重を気にして体重を増やさないようにする妊婦がいますが、これは低体重児や未熟児の原因になります。妊娠中は適度に食事を摂り、ダイエットといった過剰な食事制限はやめましょう。妊娠中の食事は栄養バランスを考えたものにしましょう。肉や脂質の多いものは避け、野菜や魚を中心とした食事を心がけましょう。また、妊娠中は貧血になりやすいので、プルーンや緑黄色野菜がお薦めです。